「作業」の意味は、一般でイメージされる労働の様な意味合いとは異なり、日常生活で行う
活動・遊びや趣味活動など広い範囲での行動・動作を指します。作業療法とは、障害を持っ
た方が、自分らしく生き生きと生活できることを目指し、これらの作業を組合わせて病状の
安定や再発防止、日常生活能力の維持・改善を図り、また他者への関わり方も学習し、元気
な生活を送れるようにお手伝いをします。
当院の作業療法は、様々な活動を通して集中力を養うことや、生活にリズムや潤いをつけた
り、またストレスを解消したり仲間をつくることを目的とした精神科作業療法と、様々な活
動を楽しみながら行う中で、身体機能を維持したり、認知技能を高めることを目的とした高
齢者作業療法とがあります。
会議室、映画室
映画室は音響・映像(120インチ)設備を
具備し、映画会などを行っております。
在宅機能回復訓練室
ご家族の方に日常生活の介護方法
の指導・訓練を行っています。
宿泊することもできます。
手工芸・パソコン室
日常生活機能、身体機能などのリハビリ室
入院生活におけるQOL(quality of life)の向上、
日常生活機能や身体的機能などの回復、社会復帰に
向けた療法を行っています。
木工室 陶芸室 物理療法室
料理室
集団治療室(多目的ホール)
折戸を開放すると約400名収容できるホールとなります。クリスマス会、
文化祭などの行事、卓球、ゲートボール等の球技、種々のレクレーション活動を行います。