精神科 <道央佐藤病院 院長>
石 川 幹 雄 医学博士・精神保健指定医
道央佐藤病院院長。アルコール依存症を中心に精神疾患全般の治療に従事。断酒会、家族会などの自助グループとのつながりも深い。精神障害者の社会復帰活動にも意欲的である。

精神科・老年期外来 <道央佐藤病院 副院長>
土 屋 文 明 医学博士・精神保健指定医
道央佐藤病院副院長。老年期医療の地域での要的存在である。自然流ともいうべき摂理にかなった治療が持ち味。認知症以外にも精神科全般の治療をおこなっている。

精神科・心療内科
佐 藤 俊 昭 医学博士・精神保健指定医
精神科全般の診療の他、主に更年期障害や自律神経症状を主体とする心療内科の診療もおこなっている。ソフトな語り口に女性クライアントも多い。

精神科
竹居田 和之 道内各地で保健所所長を歴任し、現在は精神科全般の医療に取り組んでいる。その経験から、関係機関との連携やチーム医療での取り組みを重視している。

精神科
矢 上 勝 義 精神科全般の診断と治療に取り組んでいる。

思春期外来・心療内科
小 林 幹 穂 精神保健指定医
幅広い年代、病態の治療に従事し、文化精神医学における若手の権威でもある。摂食障害やひきこもりなどの自助グループにたずさわった経験も豊富である。

思春期外来・心療内科
藤 田 卓 文 精神保健指定医
中・高校生以上の思春期を中心に、心理療法やカウンセリングを取り入れた治療に取り組んでいる。地域の精神保健活動にも積極的である。

内科・心療内科
種 田 裕 昭 内科疾患の治療にも長けた医師。心療内科・認知症患者のクラインアントを対象に心のケアをおこなっている。

内科
小 林 計 理 老人医療に意欲的に取り組み、心のケアにも携わっている。

内科
橋 本 文 教 日本医師会認定産業医。内科全般の治療の他、労働者の健康障害を予防や、心身の健康を保持増進することを目指した活動を行っている。

外・内科
佐 藤 正 彦 外科治療に携わった経験が長く、内科治療経験もある経験豊富な医師。
内科全般の治療に取り組んでいる。

内科
木 下 桂 一 内科全般の治療に取り組んでいる。

精神科
小 林 弘 明 医学博士・精神保健指定医
精神科全般の医療に取り組み、様々な病院で勤務してきた経験豊富な
医師。精神科全般の診断と治療に取り組んでいる。

精神科
高 橋 和 政 精神科全般の診断と治療に取り組んでいる。


心療内科・精神科 <北海道メンタルケアセンター 所長>
慈 性 隆 義 精神保健指定医・精神科専門医・精神科専門医指導医・医学博士
東洋思想の無為自然・あるがままの世界観をベースとしながらもEMDRやエリクソン催眠などの最新の心理療法からヒーリングまでを幅広く取り入れる先駆的な医師・レイキマスター。

思春期外来
鹿 野 淳 子 児童精神科の医師であり、主に乳児から小学生までを対象とした診療を行っている。やわらかな口調で子どもたちや親御さんのお話に耳を傾け、こまやかな診療で心の問題や発達の問題に取り組んでいる。




<専門診療>
箱庭療法・遊戯療法
自立訓練法
EMDR
森田式カウンセリング